キャッシングの基本

キャッシングの申込方法

キャッシングの場合、その申込方法は申込者の事情に合わせて選択できるようになっています。 どの方法で申込んでも審査結果や与信額にあきらかな差異が生じることはありません

ひと昔前では、店頭窓口やATMでの申込みが主流でしたが、今ではインターネットを通じた申込みが主流となっているようです。
それは当サイトのように各キャッシング会社を比較、紹介しているサイトが多数あることからもお分かりのことかと思います。

キャッシング比較サイトについて
キャッシングADS
キャッシング・ガイド
キャッシングWEB.COM

ここでは、5通りのキャッシングの申込み方法を紹介しています。

インターネットでの申込み
今では、パソコンや携帯電話によるインターネット契約がキャッシングの申込み方法の主流になっています。といっても、全てがインターネットだけで契約を済ませることはできません。あくまでもキャッシングの「申込み」が出来るのであって、電話での在籍確認や身分証明書の郵送など必ずあります。
このインターネット契約によるメリットは、24時間どこからでも申込みができるという点、また借入可能か、また大まかな融資金額はいくらくらいになるのかが、瞬時に分かる点が上げられます。
また法改正が行われインターネット上の文面による契約締結が可能になればキャッシングの利便性が高まることとなるでしょう。
デメリットとしては、簡単に申込みも出来るようになりますが、あくまでも他人のお金。必ず返さなければなりません。CMでよく流れるフレーズ「ご利用は、計画的に!」を十分に意識しなければ、あとあと大変な思いをする可能性もあります。
自動契約機での申込み
キャッシングの申込みと言えば、店頭窓口が主流だった一昔前に「誰にも見られたくない」という心理的なハードルを低くする為に登場したのが自動契約機です。確かに間接的にはモニターや室内カメラで見られているとはいえ、直接、キャッシング会社の社員と話をしなければならない事に比べたら、どれだけ気持ちが楽なことでしょうか。
各キャッシング会社は、この自動契約機を人の集まる駅前を中心に、ありとあらゆる所に設置し、顧客の確保に努めました。
申込みからお金を借りるまでにかかる時間は、概ね30分程度です。
店頭窓口での申込み
キャッシングの申込みと言えば、インターネット契約か自動契約機が主流になっている現在でも、店頭で申込みを行う人は、ご年配の方を中心に意外と多い様です。
確かに自動契約機のブース内で息苦しさを感じながら申込むより、開放感のあるカウンターで申込む方が精神衛生上良いと感じる人もいるかもしれませんね。
電話やファックスでの申込み
インターネット契約が普及する前は、この電話やファックスでの申込みは、とにかく手っ取り早い方法だったのです。もちろん、申込みは出来ますが、契約自体は店頭へ行き契約書を交わさなければなりません。この申込み方法は、わざわざ申し込みに行ってから、その場で断られるということは避けたい人が利用することが多かったのでしょう。
郵送での申込み
郵送によって誰にも見られずにキャッシングの契約を完結させるもできます。ただ、クレジットカードの申込みならともかく、キャッシングの申込みにおいて郵送によってすべてを完結させようとする人は、ごく少数です。というのもキャッシングの利用者は、できればスグにでもキャッシングでお金を借りたいから申込むのですから。郵送申込みをした場合、必ず数日の時間が必要です。
ですので、郵送で申込んだ場合、「キャッシングをお急ぎでしたら、お近くの店頭か自動契約機をご利用ください」と申込書受理の確認がてら、担当者から電話でアドバイスが行われる事が多いのです。