キャッシングのトラブル

家族の借金の肩代わり

夫の借金のため妻が働きに出るという話は聞かない話でもありませんが、肩代わりとなると話は別です。
妻が保証人でもない限り、夫の借金の返済義務はありません

もちろん、これとは逆に妻がした借金も夫には返済する義務はありません。 ちなみに夫が妻を勝手に保証人にした場合にも、妻には返済義務はないんです。

キャッシング会社の中には、日常家事債務は夫婦の連帯責任という民法の規定を根拠にして、妻に支払義務があると主張してくることもあります。しかし「日常家事債務」とは、夫婦子供の共同生活に必要とされる食料品、衣料品等の生活必需品の購入費、教育費、医療費などのための債務なんです。

ですから裁判ではキャッシング会社の、この様な主張はほとんど通用しないんです。なぜならば、多くの場合は仕事上の借金、ギャンブルや旅行など遊びのための借金、借金の返済のための借金であり、日常家事債務とは関係ないものばかりだからです。

キャッシング業者が支払義務がないにもかかわらず、請求を続けるのであれば、まず内容証明郵便で『支払義務はないので、これ以上請求しないよう』に通知をしてみよう。それでも、請求を続ける悪質なキャッシング会社に対しては、貸金業規制法違反による告訴、監督行政庁(金融庁・各地の財務局・都道府県貸金業指導係)へ行政処分の申立を行うことができたりします。

こんな時にも弁護士や司法書士と呼ばれる法律家の先生に相談をしてみると、力になってくれるものです。