キャッシングのトラブル

債務整理について

キャッシングの借り入れが多額になり、どうしても返済の目途が立たないとなると、債務整理も視野に入れていった方が良いと思います。

債務整理は、法律によって借金問題を解決する手続きの事です。
その手続きには、下記のようなものがあります。

債務整理の種類

こういった手続きは、弁護士や司法書士の先生にお願いするか、自分自身で裁判所に申立てを行うかの方法が選択できます。自分で!?と思う人もいるかもしれませんが、インターネットで上記の単語を検索すると、手続きの方法などを示したホームページも多数ありますから、参考にされてみてはいかがでしょうか?

自分でやるのは不安だという方は、お金がかかりますが、専門の法律家に依頼すると良いでしょう。

ただ、キャッシングに伴う債務整理では悪質商法に気をつける必要があります。
とくに多重債務者をターゲットにした示談屋、整理屋といったものがありますが、これらの業者とは関わってはいけません。

示談屋・整理屋の手口
示談屋や整理屋は、新聞の折り込み広告やチラシで「クレジット・サラ金苦解決」、「債務を一本化、低利融資」などと広告を出し、お金に困っている人を集めます。そして、「あなたは借金が多すぎて融資できない。債務整理した方がいい」等と言葉巧みに誘い、提携弁護士の紹介へと話がすすみます。紹介された提携弁護士の事務所に行くと当の弁護士には会えず、代わりに事務局長などの肩書きを持った人が出てきて、債務整理の着手金などの名目で高額な手数料を取られるという流れなのです。
またこういった業者と手を組んでいる弁護士は名前だけを貸すことによって、業者から手数料を受け取っているのです。

キャッシングの問題で、弁護士の先生を紹介してもらいたいのであれば、弁護士会や司法書士会を通すことを忘れてはいけません。こういった安心の出来るところから先生を紹介してもらうようにしましょう。