キャッシングのトラブル

身に覚えのない借金の督促

最近、見に覚えのないキャッシング業者や債権回収機構を名乗る業者から、「借金返済の期限が○年○月○日と迫っているので、大至急指定の銀行口座に××万円振り込むように」との督促状が届く詐欺が増えてきています。

こうした督促状には、「もし期限までに全額の振込がなければ法定措置をとる」などと仰々しく書いている事や金額は数万円(4~9万円程度)であることから、ついつい振込みをしてしまう人がいるようです。

とくに高齢者を狙っているものが多く、悪質な詐欺の手段です。

キャッシングは、消費貸借契約に基づくものであり、当事者が合意しない限り成立しません。なので、身に覚えのないキャッシングであれば全く不安に思う必要もないし、支払義務もありません。当然ですが。

仮に誰かが、あなた名義で借金をしていたとしてもあなた自身が借金を返済する義務は原則としてありません。あくまでも借りた本人が借金の返済義務を負うのです。

本当に身に覚えのないキャッシングの督促であるならば、督促状を持って警察へ相談するのが正しい対処法なのです。