キャッシングのトラブル

サラ金の強引な取り立て

キャッシング会社は、貸金業法により強引な取立を行うことを禁止されています。とくに暴力的な言動や深夜・早朝の訪問などによる取立は禁止されているのです。

強引な取立を受けている場合には、すぐに弁護士や司法書士と呼ばれる法律家の先生に相談してみて下さい。刑事・民事・行政上の手段を使って業者の取立行為を止めさせてくれるはずです。

仮に、違法な取り立てに遭ったとしても、以上のような対処法をとるだけでかなりの効果が期待できるものです。

くれぐれも強引な取立てをするキャッシング会社から「取立てを止めるから、この書類にサインしろ」などと言われて、応じることはないように注意して下さいね。書類の内容しだいでは事態を悪化させてしまうこともありますから。

取立てに対しては、借りたお金が返済できていないからという負い目があるため、なかなか毅然とした態度はとりにくいということも分かります。しかし、社会常識に照らして非常識な取立て行為があれば、臆することなく、ことに臨むべきではないでしょうか。

監督官庁や警察に相談しても、事情を上手く説明できそうにないという人は、テープや写真にとっておくことも賢明な対処の一つです。